タイムレコーダーについて調べて驚きました

タイムレコーダーと聞いた時に思い浮かんだのはタイムカード、つまりタイムレコーダーで使用する記録するカードです。タイムレコーダーは出勤時間を記録する機械という認識でした。とんでもない間違いでした。現代は時給設定や集計も自動で行ってくれる集計タイムレコーダーであったり、電子タイムレコーダーであり、パソコンに接続して集計結果を表計算ソフトで処理してくれるレコーダーであったり、インターネットを介して使用できるレコーダーであったりと、時代のニーズに答えるタイムレコーダーが発明されているのです。


大学の学生証と一体化したレコーダーでは授業の5分前から5分後までにチェックしなければ出席とならないというような出欠確認に使用できるものまで現実に使用されています。運輸などで荷物の集配時刻を管理するものや、パーキングメーターで使用されるものや、警備員のパトロールレコーダーなどの用途に使用されているものもあります。世界で初めてタイムレコーダーが発明されたのは19世紀のアメリカで、紙テープに時間を刻む方式でした。タイムカードに印字する方式はこの後発明されます。日本では1931年に電気式が最初に使用されますが、電気で作動する画期的な製品でした。現在では通販でもレコーダーが商品として取り扱われていますが、そのカタログではレコーダーの選び方までしっかりと紹介されています。例えばコンパクトに設置したい、文庫本より小さいコンパクトとわかりやすい説明であったり、PCと連動して計算ソフトで扱えるファイルに出力きるという説明がついていたり、改正労働基準法に対応してるという説明であったり、特徴をわかりやすく説明してあります。さらには電波時計で正確な時間を印字、時間合わせも不用という説明であったり、社員とパートの運用が同時にできる新型であるとか、下取りでお得な商品が紹介されたり、この会社のカタログは見やすいわかりやすいという評判ですが、まさにその通りです。


そしてレコーダーの導入コストまで説明されているのです。そして、消耗品のタイムカードは全メーカーまとめ買いがお得ですと、しっかりフォローされてます。メーカーごとに紹介したり至れり尽せりです。タイムカードの使用頻度による選び方のアドバイしも、集計方法によるカード選定要領もアドバイスがあります。さて、カタログ通販でも購入可能ですが、インターネットを介しての通販サイトでも多くの機種が購入可能です。進化したレコーダーは今後まだまだ進化しそうです。